日蓮正宗信徒の日記

日蓮正宗信徒の雑記帳

上野尼御前御返事(平成新編1552)

思い出の御書という言い方が適切かどうかわかりませんが、自分にとって感慨深い御書というのがあります。

その一つが上野尼御前御返事です。

大地はささば・はづるとも・日月は地に堕ち給うとも・しをはみちひぬ世はありとも・花はなつにならずとも・南無妙法蓮華経と申す女人の・をもう子に・あわずという事はなしととかれて候ぞ(上野尼御前御返事 平成新編1552)

この一節を拝するとき、私はいつも亡き母を思い出します。

母が亡くなる数か月前のことでした。

幼い子供を残して死んでいくのが心残りだったのでしょう。

私に言い残した言葉があります。

「できることなら、あなたの成長を見届け孫の顔を見るまでは死にたくない。でも、それが無理ならあなたの子供に生まれ変わってきて、あなたを守りたい。子供ができない運命なら縁を手繰り寄せて、養子でも継子でもいいからあなたの子供になる。」

今、母の気持ちを考えると涙が出てきます。

上野尼御前様は、子に先立たれた悲しみを受けられましたが、我が子を残して早々とあの世に逝かねばならない、母親の哀しみも同じくらい大きかったのではないでしょうか。

私は自分の子供を見やる時、幾度となく母の面影を感じました。

顔立ち・性格・嗜好・言動の癖に、母と私にしか分からないような符号を見つけることがありました。

きっとあの子は、母の生まれ変わりだろうと思っています。

母は日蓮正宗の葬儀で成仏できました。

私の子供も日蓮正宗で信仰をし、立派に成長してくれました。

母の信心の賜物だと感謝しています。

御塔婆を建立する度に母の後身たる我が子に、福徳が回向されているのだと思うのです。

聖人ひとつつひさげ十か・十字百・あめひとをけ・二升か・柑子ひとこ・串柿十くし・ならびにおくり候い了んぬ春のはじめ御喜び花のごとくひらけ・月のごとくみたせ給うべきよしうけ給わり了んぬ。
 抑故五らうどのの御事こそ・をもいいでられて候へ、ちりし花もさかんとす・かれしくさもねぐみぬ、故五郎殿もいかでか・かへらせ給はざるべき、あわれ無常の花と・くさとのやうならば・人丸にはあらずとも花のもとも・はなれじ、いはうるこまにあらずとも・草のもとをばよもさらじ。
 経文には子をばかたきととかれて候、それもゆわれ候か・梟と申すとりは母をくらう・破鏡と申すけだものは父をがいす、あんろく山と申せし人は師史明と申す子にころされぬ、義朝と申せしつはものは為義と申すちちをころす、子はかたきと申す経文ゆわれて候、又子は財と申す経文あり、妙荘厳王は一期の後・無間大城と申す地獄へ堕ちさせ給うべかりしが浄蔵と申せし太子にすくわれて・大地獄の苦をまぬがれさせ給うのみならず・娑羅樹王仏と申す仏とならせ給う、生提女と申せし女人は慳貪のとがによつて餓鬼道に堕ちて候いしが・目連と申す子にたすけられて餓鬼道を出で候いぬ、されば子を財と申す経文たがう事なし。
 故五郎殿はとし十六歳・心ね・みめかたち人にすぐれて候いし上・男ののうそなわりて万人に・ほめられ候いしのみならず、をやの心に随うこと・水のうつわものに・したがい・かげの身に・したがうがごとし、いへにては・はしらとたのみ・道にては・つへとをもいき、はこのたからも・この子のため・つかう所従もこれがため、我しなば・になわれて・のぼへゆきなんのちの・あとをもいをく事なしとふかくをぼしめしたりしに・いやなくさきにたちぬれば・いかんにや・いかんにや・ゆめか・まぼろしか・さめなん・さめなんと・をもへども・さめずして・としも又かへりぬ、いつとまつべしとも・をぼへず、ゆきあうべき・ところだにも申しをきたらば・はねなくとも天へものぼりなん、ふねなくとも・もろこしへも・わたりなん、大地のそこに・ありときかば・いかでか地をもほらざるべきと・をぼしめすらむ。
 やすやすとあわせ給うべき事候、釈迦仏を御使として・りやうぜん浄土へまいりあわせ給へ、若有聞法者無一不成仏と申して大地はささば・はづるとも・日月は地に堕ち給うとも・しをはみちひぬ世はありとも・花はなつにならずとも・南無妙法蓮華経と申す女人の・をもう子に・あわずという事はなしととかれて候ぞ、いそぎ・いそぎつとめさせ給へ・つとめさせ給へ、恐恐謹言。
 正月十三日 日 蓮 花押
 上野尼御前御返事

 

 

平成新編日蓮大聖人御書

平成新編日蓮大聖人御書

 

 

 

平成校定日蓮大聖人御書 第2巻

平成校定日蓮大聖人御書 第2巻

 
平成校定日蓮大聖人御書 第3巻

平成校定日蓮大聖人御書 第3巻

 
平成校定日蓮大聖人御書 第1巻

平成校定日蓮大聖人御書 第1巻