日蓮正宗信徒の日記

日蓮正宗信徒の雑記帳

日蓮正宗の功徳とは何か

問うて云く只題目計を唱うる功徳如何、答えて云く釈迦如来法華経をとかんとおぼしめして世に出で・ましまししかども四十余年の程は法華経の御名を秘しおぼしめして御年三十の比より七十余に至るまで法華経の方便をまうけ七十二にして始めて題目を呼び出させ給へば諸経の題目に是を比ぶべからず、其の上法華経の肝心たる方便・寿量の一念三千・久遠実成の法門は妙法の二字におさまれり、天台大師・玄義十巻を造り給う第一の巻には略して妙法蓮華経の五字の意を宣べ給う、第二の巻より七の巻に至るまでは又広く妙の一字を宣べ八の巻より九の巻に至るまでは法蓮華の三字を釈し第十の巻には経の一字を宣べ給へり、経の一字に華厳・阿含・方等・般若・涅槃経を収めたり妙法の二字は玄義の心は百界千如・心仏衆生の法門なり止観十巻の心は一念三千・百界千如・三千世間・心仏衆生・三無差別と立て給う、一切の諸仏菩薩十界の因果・十方の草木・瓦礫等・妙法の二字にあらずと云う事なし、華厳・阿含等の四十余年の経経・小乗経の題目には大乗経の功徳を収めず又大乗経にも往生を説く経の題目には成仏の功徳をおさめず又王にては有れども王中の王にて無き経も有り仏も又経に随つて他仏の功徳をおさめず平等意趣をもつて他仏自仏とをなじといひ或は法身平等をもて自仏・他仏同じといふ、実には一仏に一切仏の功徳をおさめず今法華経は四十余年の諸経を一経に収めて十方世界の三身円満の諸仏をあつめて釈迦一仏の分身の諸仏と談ずる故に一仏・一切仏にして妙法の二字に諸仏皆収まれり、故に妙法蓮華経の五字を唱うる功徳莫大なり諸仏・諸経の題目は法華経の所開なり妙法は能開なりとしりて法華経の題目を唱うべし。(唱法華題目抄)

功徳とは現世利益のことでしょうか?

願いが叶うことでしょうか?

そうでもあるしそうでもないというのが答えかもしれません。

昔、老子荘子を読んでそのような境地に至りたいと思ったことがありました。

でも、老子荘子を読んでもそのような境地に至ることはありませんでした。

文学や哲学というものは、読む者に感銘を与えはしますが境界を変えるほどの力はありません。

自分の生きる境界を変えるには、戒壇の大御本尊様に南無するほかに方法がないのです。

信じてお題目を唱える以外に方法がないのです。

世の中には良い本や思想・哲学は無数にあるでしょう。

しかし、それらには力がないのです。

天台云く「金光明経に云く一切世間所有の善論皆此の経に因る、若し深く世法を識れば即ち是れ仏法なり」等云云、止観に云く「我れ三聖を遣わして彼の真丹を化す」等云云、弘決に云く「清浄法行経に云く月光菩薩彼に顔回と称し光浄菩薩彼に仲尼と称し迦葉菩薩彼に老子と称す天竺より此の震旦を指して彼と為す」等云云。(開目抄上)

全ての善論や思想の根源は仏法なのです。

その一部分を枝葉末節に分かれて説いているのが仏法以外の教えです。

正しいことを正しいままに実行する人になれるのが仏法なのです。

論語読みの論語知らずというのは、末法の凡夫がいくら論語だけを読んでも、孔子様のような大人格者に成長できないことを言っているのです。

どうすれば成長できるのか?

日蓮正宗に帰依しお題目をとなえながら論語を読むのです。

一代の肝心は法華経法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢・穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。(崇峻天皇御書)

人らしい振る舞いができることこそが、本当の功徳なのではないでしょうか?

最近気づかされた次第です。