気楽に語ろう☆日蓮正宗非活のブログ☆

日蓮正宗の非活メンバーによる語り

戒壇の御本尊様がおられるのは大石寺だけだという事実

問うて云く如来滅後二千余年・竜樹・天親・天台・伝教の残したまえる所の秘法は何物ぞや、答えて云く本門の本尊と戒壇と題目の五字となり、問うて曰く正像等に何ぞ弘通せざるや、答えて曰く正像に之を弘通せば小乗・権大乗・迹門の法門・一時に滅尽す可きなり、問うて曰く仏法を滅尽するの法何ぞ之を弘通せんや、答えて曰く末法に於ては大小・権実・顕密共に教のみ有つて得道無し一閻浮提皆謗法と為り畢んぬ、逆縁の為には但妙法蓮華経の五字に限る、例せば不軽品の如し我が門弟は順縁なり日本国は逆縁なり、疑つて云く何ぞ広略を捨て要を取るや、答えて曰く玄弉三蔵は略を捨てて広を好み四十巻の大品経を六百巻と成す羅什三蔵は広を捨て略を好む千巻の大論を百巻と成せり、日蓮は広略を捨てて肝要を好む所謂上行菩薩所伝の妙法蓮華経の五字なり、九包淵が馬を相するの法は玄黄を略して駿逸を取る支道林が経を講ずるには細科を捨てて元意を取る等云云、仏既に宝塔に入つて二仏座を並べ分身来集し地涌を召し出し肝要を取つて末代に当てて五字を授与せんこと当世異義有る可からず。(法華取要抄)

本門の「本尊」と本門の「戒壇」と本門の「題目の五字」となり。

三つが一緒になっているのって、日蓮正宗の御本尊様ですよね。

実相証得の当初修行し給いし処の寿量品の本尊と戒壇と題目の五字なり(三大秘法禀承事)

実相証得の当初とはいつのことでしょうか?お釈迦様が仏に成ったときのことでしょうか?お釈迦様は、寿量品の本尊と戒壇と題目の五字を修行されたんでしょうか?それはどのような修行だったんでしょうか?

御文に云く此の経を持ち申して後退転なく十如是・自我偈を読み奉り題目を唱へ申し候なり、但し聖人の唱えさせ給う題目の功徳と我れ等が唱へ申す題目の功徳と何程の多少候べきやと云云、更に勝劣あるべからず候(松野殿御返事)

方便品第二と如来壽量品第十六に南無妙法蓮華経の御題目が、成仏のための修行のようですね。

我々、日蓮正宗信徒はありがたいことに、五座三座の化儀を実践できる境界にいます。

彼の天台の座主よりも南無妙法蓮華経と唱うる癩人とはなるべし(撰時抄)

自分の現状を卑下してはなりませぬ。

第五 本門の戒壇を明かす
 
 凡そ本門の戒壇とは、一閻浮提の人の懺悔滅罪の処なり。いう所の「戒」とは防止を義と為す。謂く、無始の罪障を防ぎ、三業の悪を止むる故なり。
 宗祖云く「此の砌に望まん輩は無始の罪障忽に消滅し三業の悪転じて三徳を成ぜん」云云。豈非を防ぎ悪を止むるに非ずや。当に知るべし、本門の戒壇に事あり、理あり。理は謂く、義理なり。これ則ち事中の事理にして迹門の理戒に同じからず。その名に迷うこと勿れ。故にまた義の戒壇と名づけんのみ。初めに義理の戒壇とは、本門の本尊の所住の処は即ちこれ義理、事の戒壇に当るなり。経に云く「当に知るべし、この処は即ちこれ道場」とはこれなり。天台云く「仏其の中に住す、即ちこれ塔の義」等云云。故に当山は本門戒壇の霊地なり。またまた当に知るべし。広宣流布の時至れば、一閻浮提の山寺等、皆嫡々書写の本尊を安置す。その処は皆これ義理の戒壇なり。然りと雖も仍これ枝流にして、これ根源に非ず。正に本門戒壇の本尊所住の処、即ちこれ根源なり。妙楽云く「像末の四依、仏法を弘宣す。化を受け、教を禀け、須く根源を討ぬべし。若し根源に迷う則は増上して真証に濫る」等云云。今、日本国中の諸宗・諸門徒、何ぞ根源を討ねざるや。浅間し、浅間し云云。宗祖云く「根深ければ枝繁く、源遠ければ流れ長し」(取意)等云云。
 凡そこの本尊は久遠元初の自受用の当体なり。豈根深く、源遠きに非ずや。故に天台云く「本極法身は微妙深遠」等云云。
 次に正しく事の戒壇とは、秘法抄十五 三十一 に云く「王法仏法に冥じ仏法王法に合して王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時勅宣並に御教書を申し下して霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり」等云云。
 
 問う、最勝の地とは何の処を指すべきや。
 答う、応にこれ富士山なるべし。故に富士山に於てこれを建立すべきなり。
 問う、その謂は如何。
 答う、且く五義を示さん。一には結要付嘱の玄鑒に由る。故に神力品に云く「若しは経巻所住の処、若しは園中に於いて、若しは林中に於いて、乃至是の中に皆応に塔を起て供養すべし」云云。文に「若しは経巻」というは、これ広略二門の法華経の経巻には非ず。即ちこれ要の法華経の経巻なり。これ則ち「要を以て之を言わば」というが故なり。要の法華経の経巻とは、即ちこれ一幅の本尊なり。これに相伝あり云云。「皆応に塔を起て」とは、即ちこれ戒壇なり。故に経文の意は、本尊所住の処に応に戒壇を起つべしとなり。然るに本門戒壇の本尊は正応元年冬の比、彼の身延を去って此の富士に移る。蓋しこれ、意あればなり。凡智の能く測る所に非ず。既にこれ富山は本尊所住の処なり。豈この処に戒壇を起てざらんや。如来の玄鑒、寧ぞ唐捐なるべけんや。
 二には日本第一の名山なるが故に。都良香の富山の記に云く「富士山とは駿河の国に在り。峯は削り成すが如く、直ちに聳えて天に属けり。其の高さ測る可からず。史籍の記する所を歴覧するに、未だ此の山より高きもの有らざるなり。蓋し神仙の游萃する所なり」云云。興師の門徒存知に云く「凡そ勝地を撰んで伽藍を建立するは仏法の通例なり、然れば駿河国・富士山は是れ日本第一の名山なり。最も此の砌に於て本門寺を建立すべき」云云。戒壇を建立して本門寺と号するが故なり。
 三には正に王城の鬼門に当る故に。義楚六帖二十一 五 に云く「日本国亦倭国と名づく。東海の中に在り。都城の東北千里に山有り。即ち富士山と名づく」等云云。台家の類聚一末 五十三 に云く「天竺の霊山は王舎城丑寅なり。震旦の天台山は漢陽宮の
丑寅なり。日本の比叡山は平安城丑寅なり。共に鎮護国家の道場なり」云云。上野殿御返事、外五 七に云く「仏法の住処・鬼門の方に三国ともにたつなり此等は相承の法門なるべし」云云。
 四に富士はまた蓬莱山と名づくる故に。義楚の六帖に「又富士と云い、亦蓬莱と名づく。徐福此に止まり今に至る。子孫皆秦氏と曰う」云云。当に知るべし、蓬莱山は不死の薬の在処なり。当初、秦王、不死の薬を求む。不死の薬は唯蓬莱に在り。故に徐福、
五百の童男、五百の童女を将いて尋ねて富山に入る。其の時、未だこの薬有らず。故に徐福、本国に帰ること能わず。終に此の処に止まれり。今謂く、これ徐福の詐には非ず。後に応に不死の薬あるべき故に、自然に預め蓬莱山の名を立つる故なり。これ則ち霊瑞感通し、嘉名早立せるなり。今は現に不死の薬あり。蓬莱山の名、豈虚立すべけんや。
 
 問う、不死の薬、今何れの処に在りや。
 答えて云く、本門の戒壇の本尊、即ちこれ不死の薬なり。
 問う、証拠は如何。
 答う、寿量品に云く「是の好き良薬を、今留めて此に在く」等云云。薬王品に重ねてこれを説いて云く「此の経は則ち為れ閻浮提の人の病の良薬なり。若し人病有らんに、是の経を聞くことを得ば、病即ち消滅して不老不死ならん」等云云。「是好良薬」とは本門の本尊なり。本門の本尊豈不死の薬に非ずや。この故に、兼ねてその処を蓬莱山と名づくるなり。寧ろ嘉名早立に非ずや。
 五には大日蓮華山と名づくる故に。神道深秘 二十六 に云く「駿河の国には大日蓮華山」云云。今これを案ずるに、山の形、八葉の蓮華に似たり。故に爾名づくるなり。
 神社考四 二十 に云く「富士縁起に云く、孝安天皇の九十二年六月、富士山涌出す。乃ち郡名を取って富士山と云う。形、蓮華に似たり。絶頂に八葉あり」等云云。
 古徳の富士の詩に云く「根は三州に跨って烟樹老い、嶺は八葉に分れて雪華重なる」等云云。即ちこの意なり。日順詮要抄に云云。「天台大師は漢土の天台山に於て之を弘通し、彼の山の名を取って天台大師と号す。富士山亦日蓮山と名づく。最も此の山に於て本
門寺を建つべし」等云云。況やまたこの義は、一致門流も未だ曽てこれを諍わず。故に弘経寺の日健の抄に云く「伝教大師は山門に迹門の戒壇を建立したまうなり。此の外に本門の戒壇とて有る可きなり。富士門徒は是を懐ろ脇指にするなり。駿河国富士山に本門の戒壇立つ可きなり。富士山を天下晴れて大日蓮華山と云うなり」等云云。若し爾らば、富士山に於てこれを建立すべき文理明白なり。
 御書外十六 四十一 に御相承を引いて云く「日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり、国主此の法を立てらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法と云うは是なり」等云云。(取要抄文段 享保二丁酉二月七日  日寛之を記す)

 

 

日寛上人様仰せのごとく、大石寺は事の戒壇となる一大秘法の大御本尊様が御安置されているところなのです。

 

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈21〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈21〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈20〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈20〉

 
日蓮正宗総本山大石寺案内

日蓮正宗総本山大石寺案内

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈16〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈16〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈18〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈18〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈19〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈19〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈14〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈14〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈17〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈17〉

 
総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈15〉

総本山第六十八世御法主日如上人猊下 御指南集〈15〉

 
御指南集 13―総本山第六十八世御法主日如上人猊下

御指南集 13―総本山第六十八世御法主日如上人猊下

 
御指南集 12―総本山第六十八世御法主日如上人猊下

御指南集 12―総本山第六十八世御法主日如上人猊下

 
総本山第68世御法主日如上人猊下 御指南集〈2〉

総本山第68世御法主日如上人猊下 御指南集〈2〉

 
御指南集 8―総本山第68世御法主日如上人猊下

御指南集 8―総本山第68世御法主日如上人猊下